キャバクラの遊び方 同伴・アフターについて

アフターに渡すタクシー代の注意点

キャバ嬢にとってアフターとは、完全なサービス残業ですので、基本的には行きたがられません。そのため、もしアフターに快く来てくれるキャバ嬢がいるという場合は、それだけお客さんとして大切に思ってもらえているということになります。
そのキャバ嬢からの信頼を裏切るようなことをしないようにしましょう。例えばホテルに連れ込もうとしたり、長時間拘束するようなプランだったりすると「もうこの人とのアフターは無しだな」と思われてしまいますよ。
アフターは1時間、長くても2時間ほどにしておきましょう。

そして意外に盲点なのが帰る時のタクシー代です。キャバ嬢が自宅まで帰るまでのタクシー代を出してあげるのが暗黙の了解です。中には出さないなんて方もいると思いますが、そうすると次のアフターはないものと思ってください。
またこの時のタクシー代も「家までいくらくらい?」と実際にかかる料金を聞いてはいけません。料金で自宅まである程度の距離が分かってしまいますし、きっちりしか出さないケチなお客さんだと思われてしまいますよ。

アフター後に渡すタクシー代でベストなのは10,000円です。そんなにかからない距離だとしても、お釣りはキャバ嬢へのチップとして渡す気持ちでいましょう。
そうすればキャバ嬢からも遊び方の分かっているお客さん、ケチらずに遊んでくれるお客さんだという認識になり、次のアフターも快く来てくれますし、普段の接客も今まで以上に精一杯してくれるようになります。

Similar Posts