キャバクラの遊び方 キャバ雑記

勝手に指名扱いに!?キャバクラで気をつけたいこと

キャバクラで稀にあるのが、女の子を指名したつもりがないのに指名扱いになっていたというトラブルです。
「指名するなんて一言も言っていないのに指名料が取られている」という場合は、すぐさまボーイに確認するようにしてください。
基本的にキャバクラでの指名は女の子に指名を伝える、女の子からボーイに指名を伝える、ボーイがお客さんに指名の最終確認、というような手順で行われますので「指名した・していない」なんてトラブルが起こることはありません。
しかし適当なお店は、ボーイがお客さんへの確認を怠ってしまい、女の子からの伝達だけで指名にしてしまうということがあるのです。

なぜ女の子は「指名する」と伝えていないのに指名されたと思ってしまうのかというと、「勘違い」が原因です。
例えば「もう少しこの席にいたいな」と言ったフリーの子に対して「いいよ」と言ってしまうと、女の子は場内指名してくれたと勘違いしてしまうのです。
このようにはっきりと「指名する」と言わなくても、イコール指名に繋がってしまうというシーンがあります。
こうした勘違いを防ぐために最終的にボーイの確認があるのですが、ボーイが職務怠慢だったり、そもそもお店自体が適当な場合で確認がないと、「指名していないのに指名扱い」なんてトラブルが起こってしまいます。
指名していないのならその場ではっきりと伝えましょう。またそうしたお店は他の所でもサービスが適当だったりするので、二度と行かないようにするのがいいでしょう。

Similar Posts