キャバクラの遊び方 キャバ雑記

ヘルプの子にしてはいけないこと

キャバクラでは毎回必ず指名した子がずっと席にいてくれるとは限りません。人気のある子であればあるほど、他のお客さんからも指名が入るので、指名が被ったら女の子はそのお客さんの席にも行かなければならないからです。
指名嬢が席を離れている間はヘルプの女の子が席に来て接客してくれます。このヘルプの子に対しての対応や態度は非常に重要です。

一番よくないのが、ヘルプの子に暴言を吐いたり、いかにもつまらないというような態度をとってしまうことです。
指名嬢がいなくなったからと言ってヘソを曲げているような人は、キャバ嬢たちからしたら「自分の思い通りにならないお子様」にしか見えません。
これはヘルプの子に対して失礼ですし、指名嬢にとっても迷惑な行為になります。指名嬢にとって、自分が席につけない間に自分のお客さんの相手をしてくれるヘルプの子は助かる存在です。キャバ嬢は個人プレーのように見えて実は協力してお仕事をすることが多いですから、自分のお客さんがヘルプの子に悪い態度をとるのは指名嬢にとっても心地が悪いものになります。
相手がヘルプの子になっても、場を楽しい雰囲気にして過ごせるのが正しい遊び方です。

また、もう一つよくないのが、ヘルプの子に対して連絡先を聞くことです。
キャバ嬢の間では指名がいるお客さんとの連絡先交換は大きなタブーとなっています。ヘルプの子も連絡先の交換を持ちかけられたらわざわざ角が立たないように断らないとなりません。断ってすぐ引き下がるお客さんならいいですが、中にはとてもしつこく連絡先を交換しようとするお客さんもいるので、そういうお客さんはもうめんどくさい以外の何者でもないのです。
人というのは「断る」という行為に多くのエネルギーを使います。ヘルプの子も連絡先の交換を断らないといけないだけで大きなストレスになるので、そもそも連絡先を聞かないようにしましょう。

Similar Posts